紫外線頭皮に悪い

MENU

紫外線が頭皮に与える悪い影響とは

 

紫外線が頭皮に与える悪い影響とは

 

 

紫外線が我々の皮膚に与える悪影響は広く知られています。

 

身近な例では、短時間でも紫外線の直射を皮膚が受けると、皮膚が赤化したり火照ったりする症状が出ます。この状態が長時間になった場合や蓄積されると、皮膚の老化を加速させるばかりか、皮膚がんの原因にもなるくらいです。

 

頭皮は通常、頭髪によって守られているようですが、頭髪の土台となっているのは頭皮ですから、例外なく紫外線の影響を受けます。いや、それどころか頭皮が受ける紫外線の量は、皮膚のおよそ2倍になるとも言われているのです。

 

頭皮が紫外線に曝されると、必要な水分が蒸発してしまい極端な乾燥状態に陥るのですが、こうなると髪の毛自身の水分を奪われます。水分を奪われた頭髪は栄養が行き渡らない状態になりますから抜け毛の大きな原因になります。

 

頭皮の乾燥は、皮膚細胞や孟母細胞の働きも衰えさせますから、さらに抜け毛の原因を広げていくので注意が必要です。

 

 

 

 

参考記事

 

抜け毛増加の原因の一つはストレス