壮年性脱毛症とは

MENU

壮年性脱毛症とは

 

 

 

壮年性脱毛症はいわゆる「遺伝」による脱毛のことを言います。
20代からその影響を受ける人もいますし、発症のタイミングはバラバラです。

 

通常2〜6年で毛髪は成長していくものですが、壮年性脱毛症の場合
早い段階で毛髪の成長が止まって毛が抜けてしまいます。

 

そこで開発されたのが有名どころで言えばリアップとか、また本サイトで紹介しているカークランドのミノキシジルです。
壮年性脱毛症で悩んでる方には効果を発揮するでしょう。

 

 

 

カークランドミノキシジルの詳細はこちら