男性ホルモンと抜け毛の関係とは

MENU

男性ホルモンと抜け毛の関係

 

 

男性ホルモンの主な働きには、ヒゲや体毛を濃くすることが知られています。しかしそれとは逆に、男性ホルモンが増加すると頭髪が抜けやすくなったり、成長が抑制されてしまうことも分かってきました。

 

 

それは頭髪が女性ホルモンの支配下にあるためで、女性ホルモンが増加すれば髪の毛は増えてくることも分かっています。

 

 

では、女性ホルモンを注入して薄毛の治療をするという方法はないのだろうかと考える人もいるでしょう。

 

 

しかし人間の体内には、バランス良く「男性ホルモン」と「女性ホルモン」が共存しています。このバランスが崩れた場合に、頭髪に与える影響は大きいのです。

 

 

特に男性ホルモンが過重に分泌されますと、前頭部や頭頂部の頭髪が目立って薄くなります。

 

 

 

後頭部と側頭部は違うホルモンの支配下にあるため影響を受けづらいのです。
その証拠に後頭部、側頭部には頭髪が残っている人を多く目にします。

 

男性ホルモンの増加によって頭髪が失われる理由は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、皮脂から分泌される酵素に結合して変化をおこしジヒドロテストステロンを分泌させてしまい、結果として髪の毛の成長を阻害するからです。

 

ジヒドロテストステロン抑制するにはプロぺシアが効果的だと言われてますので、
抜け毛で悩まれてる方は検討してみても良いと思います。